2006年09月07日

うたわれるもの 23話

もう終盤なのですが、ここに来てなんだか駆け足し始めた感じが。
ウルトリィの親父救出がまさか舞台裏で直接描写なく行われるとは思いませんでした。
いやまあそんなものよりハクオロさんとエルルゥの実質上プロポーズぽい発言のほうが重要なので問題ないのですが。
つーか来週でクーヤの話の決着をつけたとしても、あと2話しか残ってない気がします。
なんかどう見ても話まとめるのは無理な気がするよ?
まあうたわれに関してはDVD全巻購入が決定してるので「DVDに続く!」とかやられてもいいのですが。

とりあえずこのまま無理することなく最終回までしっかりまとめて欲しいところ。
最後グダグダになるとそれまでがいくらよくても台無しっぽくなっちゃうしなあ……。
posted by 右近 at 13:29| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1232781

この記事へのトラックバック

(アニメ感想) うたわれるもの 第23話 「心の在り処」
Excerpt: TVアニメ「うたわれるもの」オリジナルドラマCD 引くことの許されぬ戦い・・・ハウエンクア達のアブ・カムゥが撃退されたことを知ってもなお、トゥスクル侵攻をあきらめようとしないクーヤ。思いとどまる..
Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
Tracked: 2006-09-12 18:49