2008年06月04日

エロゲしてました

先月末はラッシュじゃったぜー。
思わずSS書くどころかブログの更新すら忘れてました。てへ。
何やったかというとクロノベルトとウィザーズクライマーなわけですが。
思わずマクロスFの感想書くの忘れるほどやってたぜ。いや、見るのは忘れなかったけど。
そんなわけで軽く感想でも。


クロノベルト
http://www.propeller-game.com/product/chrono/index.html

言わずと知れたあやかしびととbulletbutlerのクロスオーバーなわけです。
エロゲのファンディスクでシリアス残しながらクロスオーバーって初じゃねえかなー。とらハは123混ざったりしたけどアレは続編で世界は一緒だったしなあ。

まあさておき内容の感想。
三章構成で第一章があやかしびとの九鬼先生かbulletbutlerのアルフレッドの話、終わったらもう一人もクリアして本編である第三章クロノベルト編に。

第一章、第二章は九鬼・アルフがお互いの世界にいってすったもんだの末に事件解決して第三章という作りなわけで、終わった結果しっかり満足しました。やっぱラストの展開とか盛り上がったし、第一章2つも実に良かったです。

ただ、最終章であるところのクロノベルト編がちょっと。
発売自体は前から知ってたのですが事前情報を全く仕入れなかった身として勝手に期待していたのは正に第一章な感じだったのですが、「おお、本格的にクロスし始めたぜ!」と思った最終章があれだったので、ちょっと期待はずれというか何というか。
まあFDじゃなくAVGなのでそれで問題ないと思うのですが、俺みたいにそう言うの期待してやっちゃうとちょっと残念になっちゃうかも知れない。
逆にいつも通りの展開を期待してるなら満足行くと思います。

あと、一応ラストのネタバレは避けるとしてこの作品には超勝ち組が存在すると思うのだがどうか。おかげで最後に癒されましたが。

ついでにいうと刀子さんとの本番エロがなかったのが不満ではありますが、すずファンの人たちと比べるとその憤りは少なかっただろうと思うので我慢します。



ウィザーズクライマー
http://shchara.co.jp/04develop/wizards/wizardstop.htm

そんなわけで僕らのやり込みゲームを提供してくれるキャラの新作。
魔法使いの弟子を育てるゲームなワリにどうも周囲を見るにみんな戦士を作ってたりするのですが。もしくは格闘家。
今回はいつもに増して引き継ぎが強いので10周ぐらいするとほぼ無敵のキャラが出来ます。それでも勝てない敵がいるあたりいつも通りですが。
本編は弟子入りしてきたセリスと昔なじみのツンデレ宮廷魔術師ヴィオラ、そしてヴィオラの弟子のイエル。その三人が絡みつつセリスを一流魔術師にするために育て上げるわけです。

んでまあ、思わず10周もした末に「そろそろ原稿の挿絵指定しないと首締めるぞ」と言われるぐらいだったので中毒性は半端ありません。
ただ、育てた後にダンジョンに送り込むわけですが、その間基本的にAIまかせなので何も出来ないので、ダンジョンに放り込んだらそれを走らせつつ別なコトするのが基本スタイルになります。塔に行きつつ風呂入るとかなー。
まあ俺はダンジョンに送り込みつつ溜まったアニメを消化したりしてたのでその辺は問題ありませんでしたが。

文句を言うとしたら、今回はメインであるところのセリスに偏っちゃってることでしょうか。後二人のヒロインであるイエルとヴィオラのエロシーン少ないというかCGも少ないというかヴィオラなんかほとんどがバストアップってどういうことさ! これでハーレムエンドがなかったら俺は暴れてたよ!
あと、ソシエットとルーン協会長のエンディングがないのもどういうことなのか説明していただきたい。
でもまあ、逆に言うとセリスが好きな人は十分堪能できると思います。
俺ももうちょっとやり込み待機はしますが、さすがに首締めるどころかそのまま命を奪われそうなので封印と言うことで。英雄の塔で四人勢揃いな階までは行きました。あそこどう突破するんだか。
posted by 右近 at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15681805

この記事へのトラックバック