2008年08月07日

リトルバスターズ!エクスタシー

まあ感想とか言っても今更だし、俺も「追加キャラだけややればいいや」とか思っていたのですが。というか実際読み返したいと思わないシナリオに関してはスキップしまくったのですが。



何度やってもリトルバスターズ解散のところで泣きそうになるこのゲーム。
HEROである恭介が理樹と鈴を決戦存在にまで鍛え上げて、二人は全てを救い出したとか妄想し出すのはアルファ信者の悪い癖だと思います。

まあ、追加キャラが本当に「追加」って感じで、本筋には関わってこないのが残念っちゃ残念かしら。まあそこで無理するとボロボロになりそうなので結果的に良かったとは思うのですが。あの三人がリトルバスターズに合流した後の話とか見たいのです。それは同人でやれってことだと思いますが。
正直なところ全く期待してなかった沙耶が思いの外いいキャラでなあ。
他二人に関しては本編から外れ気味というかざざみに関してはTrueEND後の話だったりするのですが、それでも納得。一応中身には触れないでおくとして、終わりのすっきり感は保証します。佳奈多の最後が大好き。





あと最後に言わせていただくと、追加キャラ三人が全員ツンデレでエロシーンは元からのキャラ含めてエロシーンは半脱ぎばかりというか全裸になるのは小鞠・西園さん・ざざみだけというのは凄いと思います。
更に言うとはだワイエロは沙耶と来ヶ谷さん。このゲームに出会えて本当に良かった。
posted by 右近 at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/17695478

この記事へのトラックバック