2008年10月23日

最近のエロゲ

「さくらんぼシュトラッセ」を貰ったもののよく考えたらさくらッセをコンプって無いことを思いだして一人残っていたマリールートを終わらせたり、そういや明日君も小夜しかやってないから他のキャラもやるかなとか、ついでだからコンプしないで放ってあるゲームを消化するかなと思ったりもしましたが、結局のところ「とっぱら」やってました(ここまで前置き



目当ては言うまでもなく籐花というか青山ゆかりだったわけですが、ミスって美影に。
まあどっちにしろ2番目にクリアしようと思ってたキャラなのでそのまま進めたわけですが……
思いの外面白いですよ?
主人公が最初ダウナー気味なのが気になりますが、途中から克服されるしヒロインの妖怪たちがいい感じだし。

ちなみにヒロインは影女、妖狐、橋姫、疫病神、ハクタク、変化、河童。
いや、妖怪モノエロゲというか萌え妖怪作品はけっこうあるけど、影女とか橋姫とか選ぶ妖怪が素晴らしい。
そんなわけで思わず美影(影女)→籐花(妖狐)→瀬織(橋姫)→幸子(疫病神)→佐久夜(ハクタク)→千鶴美(変化)→イソラ(河童)

話の内容的に「人間と妖怪の寿命の差」とか「自然と人間の共存」とかその辺のありがちなテーマばかりになることはなく面白かったですよ?
妖怪とか好きならお勧め。
各妖怪の特殊能力というか特性がしっかりシナリオに活かされたし。


あと、プレイした人がみんな言ってるけどあの影女は人をダメにします。むしろダメにして下さい。


一応ネタバレ回避と言うことで続きは閉じときます。



というか、千鶴美が変化というのは大体想像がついたけど「ツチノコの変化」とか、ハクタクの佐久夜さんのシナリオなんぞ「ハクタクだと思ってたけど実は件でした!」とか、一緒に享楽にふけっていたくせに土壇場で全ての責任を押しつける男の生で男性恐怖症の九尾の狐とか、性別がないからと言って昔遊んでくれた主人公が大人になってあんまり構ってくれない主人公の気を引くために女性になる河童とかどれだけマニアックなネタ入れる気なのかと言いたい。いいぞもっとやれ。















まあ、難を上げるとしたらグランドフィナーレであるところのミドリエンドだろうか。
いや、ミドリ復活は嬉しいし主人公も嬉しいとは思うんだけど美影がいなくなっちゃうとちょっと……。


本当にあの影女は男をダメにする。色んな意味で。
posted by 右近 at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/21739273

この記事へのトラックバック