2011年03月09日

【化物語小ネタ】ガハラさんと同居

いや、久しぶりの更新がコミティア不参加告知だけってのもなんなので。
まあついったで書き散らしたヤツを若干整理したり追加しただけですが。



【1:ガハラさんがやってきた】

あらすじ:戦場ヶ原パパが仕事で長期出張になり、戦場ヶ原さんが「一人は不安で」と言い張って阿良々木くんちに転がり込みましたよ。

「そうね。正義なんてしょせんは独善的なもの。家を焼け出された羽川さんを助けることはあっても、この物騒な世の中に一人で寂しく過ごす女子高生を助ける正義なんて存在しないわよね」
「正義はそんなに薄情じゃない!」

そんな感じで。


「お前様よ」
「なんだよ、忍」
「ツンデレ娘と同棲することになって浮かれているのはわかるが」
「馬鹿な、むしろ俺は戦々恐々としているんだぞ? いくら戦場ヶ原が更正したとは言っても、何かの拍子に変なことを言い出さないかとふるえて過ごしているんだ」
「儂と感覚がリンクしていると言う現実をさておいて真顔で言い切れるのは流石じゃと思うが……」
「なんだよ。『転がり込んで何もしないのは気が引けるから、家事を手伝わせて』とか言ってたけど、ひょっとして火憐ちゃんや月火ちゃん相手に何か変なことでも言ったのか?」
「言ってはおらんな」
「じゃあなんだよ」
「行動しているというか……」
「なんだよ、まどろっこしいな。はっきりわかりやすく言ってくれ」
「洗濯機の前でお前様のパンツをくんかくんかしておる」
「えーと……」
「そして先ほど小さい方の妹御にその場を見つかり」
「喧嘩にでもなったのか。それは一大事――」
「今、大きい方の妹御も合流して三人でくんかくんか」
「戦場ヶ原ぁ!」



五分後、三人とも正座して阿良々木くんからお説教。




【2:阿良々木家で初めての夜・其ノ壱】

「阿良々木くん、一人じゃ怖くて眠れないの」
「嘘つけ」
「あらひどい、自慢の彼女に向かって」
「彼氏のパンツをくんかくんかする彼女を自慢する趣味はない」
「あら、でもきっと羽川さんに言ってみたらお似合いだって感心されるわよ?」
「……お前、普段羽川とどんな話してるんだ」
「じゃあその辺も交えてパジャマパーティしましょう。忍ちゃんも交えて」
「何をいきなり」
「いいじゃない。阿良々木くんと忍ちゃんの関係性は知ってるつもりだけど、実はまだ一度もきちんと挨拶していないのよ」
「ああ、そういやそうだったか。忍?」
「……めんどいのう」
「それに一度も忍ちゃんのあばらを堪能していない」
「よし忍、今すぐ戻れ」
「なによ阿良々木くん! 阿良々木くんと一心同体ってことは、忍ちゃんも私のものだということじゃない。つまり忍ちゃんのあばらも私のもの」
「戦場ヶ原にだって譲れないものはある!」
「変態じゃ、変態のカップルがおる」



【3:阿良々木家で初めての夜・其ノ貳】

「忍ちゃんの処女は諦めて妥協しようというのに、全く器の小さい……」
「お前の野望のでかさにびっくりだよ! っていうか、忍」
「なんじゃ」
「お前、処女なのか?」
「え?『五百才処女吸血鬼』って売りじゃないの? 美少女ゲーム的に」
「もうミスタードーナッツのことは諦めて人類滅ぼしてもいい気がしてきたぞ」



【4:阿良々木家で初めての夜・其ノ参】

「忍ちゃんが処女とか言うけど、実は非処女だけど吸血鬼の回復力で膜が再生したとかじゃないの?」
「そもそも儂は処女だと主張したおぼえがないんじゃが」
「でも、どうなんだ? そう言う場合」
「吸血鬼の不死力による超回復は身体の最適化じゃからのう。出血はすぐ止まると思うが」
「なるほど、つまり阿良々木くんは吸血鬼になったおかげで皮が」
「よし戦場ヶ原、今すぐ黙れ」
「いいじゃない。今は立派なんだから」
「別に吸血鬼にならなくても大丈夫だったわ!」
「しかし儂も吸血鬼になる前の主様はよく知らんしのう」
「それじゃあよく知ってる人に聞いてみましょう」
「誰だよ」
「もちろん妹さんに」
「いくら戦場ヶ原であっても許せないことというのはあるんだぞ」
「それじゃあ、あれじゃ。あの元委員長に聞いてみたらどうじゃ?」
「……答えそうで嫌ね」
「そんなことになったら僕は死ぬ」



とりあえずこんな感じで。
ガハラさん同居シリーズは割と色々ネタが浮かぶのでそのうち何か書くかもしれないし、地の文とか追加してちゃんとしたSSにするかもしれませんが、なにぶん俺の言うことなのであてにはなりません。
あと、Twitterでよく書き散らしてるのでフォローしてもらえればたまに見れますが、発言多すぎてログがマッハで押し流されることもありますのでご注意下さい。
posted by 右近 at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | SS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43758245

この記事へのトラックバック