2007年02月21日

【シリーズ連載】ハーレムSSについて その2

さて、第2回。
ハーレムと言われると「主人公と女性キャラ全員がらぶらぶ」と言うのを思い浮かべる人が多いわけですが、それは微妙に無理がありますよとかそんなお話。

ハーレムSSというと主人公と全員が仲良くしてるのを見受けられるのですが、俺としてはそれは微妙に間違いじゃねえかと。
一次創作でハーレムもの作る場合はそれ(ハーレムを作ること)を目的にしてキャラの創造をしていれば問題ないと思うのですが、二次創作の場合、一次作品がそれを目的にしてキャラを創造していないと無理が出るわけで。
前回書いた「どうしてハーレムになるのか」ということに関わってくるのですが、それを色々考えてみても限界があるわけで。
「ハーレムになった理由」を納得させられないハーレムSSはぶっちゃけダメな作品になると思うのでここが最も重要な点だと思うのです。
で、これを考えるとやっぱりどんな過程をたどっても限界が出るわけで。

例えばFate。
自分の作品の話ばかりになるのもアレなのですが、ライ凡日において桜エンド後ライダーが士郎を狙い始めて士郎・桜・ライダー。で、倫敦から凛が帰還して、その後セイバーとイリヤが復活して女性陣が総勢5人のハーレムに。
そんな感じで進めてみたのですが、ここで「Fateに出てくる女性キャラ全員ハーレムに入れよう」とか思ってキャスターとか陸上部三人娘とか入れだすと話が収集つかなくなるし無理が出るので作品がどんどんボロボロになって行くと思うのです。
オルタでも御剣姉妹メインでタケルちゃんハーレムも作ろうと思って書いてますが(いや、一話しか書いてないけど)、そこに夕呼せんせいやらまりもちゃんやらを入れれば無理が出るし。
ついでに言うとハーレムはEX世界だからできるのであってオルタ世界では無理だろうし。つうか悠陽さんとくっつくためにはEX世界しかないわけですよ! というかあのEDはそのために存在していると言っても過言ではなく、だからこそあのEDを用意してくれたことで俺はオルタと言う作品が大好きなのですが。
まあそれはとりあえず置いといて。

あとは一作品でハーレム形成にするとしてその限界とか。
色々考えてみるに『遥かに仰ぎ、麗しの』だとみやびルートを前提として考えるとみやび・リーダ・三嶋の三人でハーレムを形成することは可能ですが、ここに他のキャラを混ぜようと思うと無理が出ます。
あと、仁礼・殿子はまあ何とかなるかなと思ってるんですが、これに他のキャラを入れるとやっぱり無理が。
ましてやその二つを混ぜようとしたりするともう滅茶苦茶に。

ハーレム作るにしても限度は必要です。
まあSHUFFLEなんかは全員ハーレムしても欠片も無理はありませんがアレは例外。アレはむしろハーレムであることが当然で一次からしてそう言うのを肯定するようなつくりになってるので、アレはむしろ書くなら全員ハーレムを狙うべきです。個人的には紅女子は外してもいいかなあと思ってますが。


まあ、あれね。作品ごとにできる範囲を見極めて「作品の中で出来るハーレム」を作ることが大切だと思うのです。
SSを書く以上、目標は「面白いSSを書くこと」であるべきで「ハーレムを作ること」ではないと思うのです。閲覧者に面白いSSを提供するためにwebなり同人誌なりで発表するわけで、そうでなく目的が「ハーレムを作ること」になりそのために話がダメになるなら公開する必要は無いわけです。正に「チラシの裏に書いとけ」とかそんな感じになるわけで。

まあ、そんなこと色々書いてみても作品が面白きゃそれでいいとは思うんだけどな。ただ無理した作品だったらその無理を覆い隠せるぐらい面白いものにしなきゃいけないわけで。

で、次回は「各作品における許されるハーレム範囲」とかその辺で。
posted by 右近 at 14:15| SS

2007年02月19日

【シリーズ連載】ハーレムSSについて その1

mixiで書いたのですが、せっかくなのでこっちでも書いてみる。
文章はほぼそのままなのでmixiの読んだ人は読まなくてもいいかもしれない。


んでまあ今更言うまでもなく俺は書くのも読むのもハーレムものが大好きなわけですが。
二次創作でハーレムやる場合重要なことがあると思うのです。

たとえばどうしてハーレムになるのかとかハーレムを作ってどうするのかとかそんな。

まず、どうしてハーレムになるのか。
そもそもハーレムというのは普通ありえない状況であり、だからこそそれを見たくて書くわけですが。本来ありえない状況を作るんだからそうなった「理由」を書かなきゃいかんと思うわけです。
始まった瞬間「キャラが全員主人公のことを惚れてます。だからハーレムです」というのが許されるのはギャグSSぐらいだと思います。
まあエロゲの場合主人公とくっつかなくてもみんな密かに主人公に惚れてると言う状況は良くあるので、その場合「そいつらが諦めませんでした」という事を書けばいいと思うのですが。
でもその場合、本来そういう時に諦めそうにないキャラだったり、そうでない場合諦めないよう何らかの後押しが必要なわけです。
後押ししてもハーレムの状況に持っていけそうに無いキャラだった場合、諦めるべきだと思います。無理に全員をハーレムにする必要があるとは思えないし、したところでそれが面白くなるとも思えない。

で、次はハーレムを作ってどうするのか。
「ハーレムを作る」というだけでは面白くもなんともないと思うのです。
今ちょこっと考えてみたところ、ハーレムもののパターンは三種類。

(1)ハーレムを作ってエンディング
(2)ハーレム全員で何らかの問題を解決する
(3)ハーレムのメンバー全員で主人公を取り合う


こんなもんですかね。ひょっとしたら他にもあるかもしれんけどとりあえず今は思いつかん。

で、まず(1)。
まあいわゆる「ハーレムエンド」ってやつですね。
一部エロゲではそもそも作品内にあるのですが、作品内にこれがないと不満で書いたりします。まあこの場合「ハーレム作りました、めでたしめでたし」で終わるので今回は割愛。
でもこれに持っていく場合は前述した「全員ハーレムにする必要は無い」ってのは適用されないかもしれない。話がそこで終わるなら多少無理して全員ハーレムにしちゃったところで問題は起きないし、どうせなら全員でやった方が面白いかもしれない。まあ多少ギャグっぽくなりますが。

次に(2)。
二次創作じゃありませんが天地無用ってこういう話だよな。大事件が起きてハーレムのメンバー全員でそれに立ち向かうとかそんな。
この場合ハーレム全員に見せ場を与える必要があると思うのです。そもそも見せ場というか出番の無いキャラはそのSSの登場キャラとしては必要ないわけで、脇役として存在することには問題ないと思うんだけど主要キャラ(ハーレムの一員)として存在するからにはなんらかのことをしなきゃいけないわけです。
ハーレム作りつつ結局主人公が全部解決するとかいう話も見かけますが、そういうのはほぼ例外なくアレだと思うのです。つうか主人公がなんでも解決できるなら他のキャラいらねえじゃん。
まあ別に事件が起きてそれを解決するために頑張るとかならハーレムを構築する必要も無いのですが、(1)のハーレムエンドで話を終わらせない場合何らかの事件おこして解決してめでたしめでたしって感じにすれば話も締まるのかなあとか。

最後に(3)。
まあ俺が一番好きで一番得意なパターンなのですが。
天地無用も事件起きるまではずっとこれだよな。
まあ、ハーレムものってこれが王道なんじゃね?
一応ハーレムは形成されてるんだけどその中で主人公をめぐって恋の鞘当てとか。これなら決着さえつけなければ何話でも書けます。つうかライ凡日はもろこれで25話まで書いたわけですが。
マブラヴオルタのEDアフターも書くとしたらこんな感じになるのかなあ。EDの時点で全員が武に惚れてるので、あとは彼女たちの戦いになるんだろうし。



なんかまとまりがありませんが、とりあえず自分の思ったことを書いてみた。
とりあえずあれですよ。ハーレムを作るなら必然性が必要だし、ハーレムを作った以上そのハーレムを話の中で生かさなきゃいけないとかそんな。

なんかねー、「ハーレムSS=最低SS」と思われてる現状が不満でちょっと。
あと、知人がちょっとそう言うのを書いててね……
まあ、たまにはこういうことを書いてみるのもいいんじゃないでしょうか。

次回は『各作品における個人的に許せるハーレム範囲』とか。
ハーレム書くには色々考えなきゃいかんことがあるのですよ。
posted by 右近 at 18:13| SS

2007年02月04日

夏の新刊について

俺、アイマス本出すよ!

ライ凡日総集編はまた今度!
今、俺の脳とかそのへんがアイマスに占拠されてるのでしょうがない。
まあでもおかげさまで創作意欲自体はライ凡日連載開始当初並みにあってプロットぽろぽろわいて来るのでボク頑張れる。

ちなみに内容は千早と美希がプロデューサー取り合うラブコメものだ!
なんかアイマスSS本ってあたりから修羅の道が見えてきますが気にしない。
とりあえずキャラ覚えるためにアイマスもう一周ずつ(便利な言い訳だ
posted by 右近 at 12:50| SS

2007年01月14日

冬の本の反響

http://m3ree.blog52.fc2.com/blog-entry-146.html

よし、勝った(グッと拳を握りしめ

そしてどうやら再販は3月ぐらいになりそうです。
と言うか3月あたりに臨時収入があるのでそれで刷ろうと目論んでたり。
ついでに携帯の機種変とかHDレコーダーとか……(貯金しなさい



まあそんなわけで再販予定ですが売れないと嫌なので、再販してくれて嬉しいと言うか買ってくれる人はweb拍手に「ひゃっほう!」とメッセージを入れて送るといいと思います。
posted by 右近 at 15:23| SS

2006年12月26日

冬コミ委託販売のお知らせ

そんなわけでTOPで宣伝している通りライ凡日温泉編を売ってるわけですが、それに加えて木名瀬三とこに寄稿したパルフェ本も委託販売します。
詳細はこちら
なんかでっかいはずかしいとか言われてるのがとても不本意です。
ここは「カトレアの すごい はずかしいSS」とかにして欲しかった(そういう問題か

まあそんなわけでお立ち寄りくださった人はついでに買っていくといいと思うよ?
posted by 右近 at 17:46| SS

2006年12月22日

ライダーさんの平凡な一日 温泉編

印刷できたらしく、ポプルスから印刷予備分が届きました。
後書きに早速誤字発見しました。泣きそうになりました。

まあさておき、そんなわけで事故とか無ければ冬には新刊をお見せできそうです。
そんなわけで、ビッグサイトで僕と握手!(それはもうええんじゃ
posted by 右近 at 21:53| SS

2006年12月08日

編集作業も終わり。

あとは挿絵の到着を待つばかりー。
ああもうあれだ。やっと肩の荷が下りた感じだ。

とりあえず、自分へのご褒美にペルソナ3買ってきます。
アイギスたんが俺を待っている。
posted by 右近 at 17:09| SS

2006年12月07日

原稿が

一応終わりました。
まだ字数調整とか印刷フォームにしたりとか作業があるけど、とりあえず今日はだれる。
だーれーるーのー。
posted by 右近 at 17:57| SS

2006年12月05日

絶賛原稿中

現在32ページ。
食事シーンに入ったので小休止して、その手のエロゲとか引っ張り出して色々確認中。
そんな作業前もって済ませとけと言う突っ込みはもはや手遅れです。
普段の食生活が貧しいとこういう時困るなあ。
posted by 右近 at 19:08| SS

2006年12月04日

原稿執筆中

現在18ページ。
まあ、全部で100ページぐらい行けばいいかなあとか。

とりあえずもう大詰めなんで頑張るわけですが、表紙が出来たので画像を公開します。

はい、どん。(クリックすると大きくなります)
283307154_83.jpg

身内どころか周辺見てもここまであざとい表紙はないと思うのだがどうか。
とりあえず頑張るよー。
気分転換はホロウリプレイもしくは温泉ネタのアニメ鑑賞で。
脳味噌をFateと温泉に染めつくすの。
posted by 右近 at 18:28| SS

2006年11月30日

修羅場モードです!(CV:斎藤 千和)

まあ言うほど修羅場モードに入ってるわけでもありませんが。
とりあえず頑張る。
やっぱなんだかんだ言ってFateは書きやすい。
posted by 右近 at 21:22| SS

2006年11月17日

オルタ原稿が

なんとか出来た感じです。一応殿下ネタで。
後は何人かに見てもらったりちょっと時間おいてから自分で見直したりしてから提出って感じやねー。
そんなわけで来週はなのは原稿頑張る。
この土日は遊ぶ。うん。息抜きは大切。
posted by 右近 at 23:11| SS

2006年11月08日

巣作りドラゴンSS

http://d.hatena.ne.jp/Su-37/20061108#1162991903
>今のところ、巣ドラのSSを書ける人材は右近さん以外に心当たりがありません。

などとありますが、少なくともラクドちん四条さんは書いてるわけです。
というか、まだ在庫残ってるらしいので買って上げると風原さんが俺に飯ぐらい奢ってくれるかもしれません。きっと無理ですが。
豪華挿絵とかあるので、冬に売ってたら買うことお勧めよ?
posted by 右近 at 23:14| SS

2006年11月07日

新作書く余裕はないので

予告どおり、今月は巣ドラSSを公開してみた。
なんかもう懐かしいですが。
つうか、巣ドラは名作だと思うのでSS読んで興味を持った人は買ってみるといいとおもうのよ? まだ売ってるかどうかは知りませんが(ダメじゃねえか
posted by 右近 at 22:59| SS

2006年11月02日

パルフェ原稿

終わったー!!!
まあ後見直しとかありますが一段楽。
これで三連休は原稿から離れても平気かなあ、とか。
やっぱなんだかんだ言っても玲愛は書きやすかったと思うのですよ。
posted by 右近 at 19:18| SS

2006年11月01日

修羅場モードです♪(CV:斎藤 千和

そんなわけで頑張り中。
とりあえずパルフェ原稿を明日中になんとか。
いや、〆切は10月末なんだけどね?(ダメじゃねえか

で、来週マブラヴで再来週なのはかなー、とか。
何かオラ段々無理な気がして来たぞ?
posted by 右近 at 20:48| SS

2006年10月13日

SS書く暇が無いので

今月、来月は過去の原稿あぷしようと思います。
とりあえず手持ちであぷ許可出てるものとしては巣作りドラゴンとなのはA'sがあるわけですが、どっちからあぷしようか悩んでるので意見のあるひとは掲示板に書いてくれればいいと思うよ。

掲示板作ったはいいけど閑古鳥で寂しいねん。
多分土曜夕方〜夜あたりに更新すると思うので、希望があるひとはそれまでにどーぞ。

そしてこれがまた無反応だったりしたらかなりへこむ。
posted by 右近 at 10:36| SS

2006年09月05日

まだ残暑が厳しい時期ですが

冬コミに備えてがんばらないといけません。
そんなわけで、前にも書いたかもしれないけど冬に書く予定の原稿一覧。
そのうち同人コーナーに載せるでしょう。
一応正式告知前なのでどこのサークルで出す本かとかは伏せる方向で。

なのはA's本
『フェイトの初恋』とかいうタイトルで中学生フェイトの話を書く予定。
プロットはできてる。

マブラヴオルタ本
殿下ネタで一本。プロットはできてる。
ていうか姉妹丼にしようと思って気がついたら殿下ネタになってるあたり、実は冥夜より殿下のが好きなのかもしれない。

ぱすチャC本
沙耶さんで一本。
ネタの取っ掛かりは思いついたので、今週中にはプロット完成させたいところ。
ていうか今月末締め切りってわりとピンチだと思うのだがどうか。

丸戸本
略すとわかりにくいが、まあつまり丸戸史明さんがシナリオ書いた作品のごった煮本。
プロット考えてもいませんが、リリィ書く予定なのでぜんぜん楽勝で書けると思う。

ライ凡日特別編
温泉ネタで本にする予定。
漠然と150ページぐらい書かなきゃなあ、とか思ってるのですが、そんなに書いたこと無いのでそこはかとなく不安です。
ゲスト原稿書きまくった末に自分の本落としたら笑えますなはっはっは(笑えない


まあこんなもんかしら。
まああれだ、とりあえずがんばると言うことで。
と言うかさすがにゲスト原稿受けすぎとか言うのはきっと気のせい(自分に言い聞かせるように
posted by 右近 at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | SS

2006年08月20日

とりあえず、今書きたいと思っているもの

たまにまとめてみる。

めもらるクーク
信者として一本書いときたい気がするのですが、やはり難しく。
やはり完結してない作品のSSってムズいよねと思いつつ検討中。

ROOM No.1301
なんかいまさらはまってしまったので。
タイトルは「ROOM No.1303」で健一と冴子の話書きたいなあと思ってるけど、内容は全然考えてません。
と言うか4巻までしかもってないので続巻買わないと。

戯言シリーズの続き
子荻同居もの。
ROOM No.1301読んでアパートものが書きたくなったのココロ。
一応ネタは一本あるんだけどなあ。

ライ凡日 ほろー・あたらくしあ
いい加減放置しすぎだろうとわれながら思いつつあります。



とか色々ありますがその前に冬コミの準備しねえといけないのでSS更新は前にも増して不定期になると思いますのでご了承ください。
とりあえず9月末に〆切一本あるんだよなー。
posted by 右近 at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | SS

2006年07月12日

原稿終わりました。

出張先で書いてたなのはの原稿な。
何人かに見てもらったけど、ダメだし食らうことは無かったのでこれでいいかしら、と。
そんなわけでコミケ3日目は東ク-22bでなのは本買って行くといいと思います。
なんか50部印刷で済ませようと思ったらうっかり100部にしちゃったので完売することはなさそうですが。
しかもなのは本なのに、俺の書いたのは忍ですが!
posted by 右近 at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | SS